So-net無料ブログ作成

シケタイ制度

さて、落ち着いてきたのでまた学生生活の話を。

私の大学にはシケタイ(試験対策)制度があります。科目毎に担当がついて、試験前に資料(まとめプリント、過去問の解答例など)を作成します。講義をサボってしまった人も、理解が追いついていない人も、資料を読み込んで試験前に勉強すれば最短距離で合格できることを企図した資料です。学生の目線で書かれているので特にポイントが分かり易い、参考書のようなものと言えます。

これにはクラスの全員が実費(印刷費とか)を払って制度に参加していますが、資料を作るのは皆嫌がります。それが、私はびっくりしたのですが、試験対策資料を作成した人は謝礼がもらえるのです!(時給換算すると数百円でしょう。高額なものではないのですが。)

私が東大の駒場キャンパスにいたときにもシケタイ制度はありましたが、謝礼はありませんでした。クラスごとに全員からアンケートをとって、担当したい科目を希望しました。クラスに1人、2人、数学マニアや物理マニア、フランス語の達人がいて、彼らは担当の科目を一生懸命に勉強してそれを資料にしてくれるのです。分かり易いプリントはクラスの皆を救いますし、作った人は感謝され名が上がりますので競って分かり易いプリントを作るようにしていました。学問の道を一生懸命に究めようとする学生がいて、前向きな姿勢を持って取り組んでいたと思います。

私の大学では、「シケタイ制度には賛成。だけど自分が骨を折って作るのは嫌。」という暗黙の雰囲気で、クラスリーダーは各科目の担当を決めるのに毎回苦労しています。まあ、あと、お金が絡むとどうしても…「お金払ってるのにこの資料は何だ、ちゃんとやれよ」みたいなことを言う人もいるかもしれません。私は頼まれたら受けるようにしています。謝礼を用意して「クオンツさんぜひお願いします」とクラスの代表から依頼されると嫌な気はしないですよね。嬉しくて名誉なことと思います。シケタイ作成は自分の勉強にもなってお金までもらえる良いことなんですけどね、クラスの皆も、損な仕事だと思わず前向きに捉えてシケタイ作成を受けてくれると良いのですが。人のためでもありますが、人のためをテコにして、自分の力を実力以上に引き出すことができます。これは何より自分のためになりますからね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0