So-net無料ブログ作成
検索選択

2016年度の入学者について

久しぶりの更新です。
色々と多忙で、ブログから遠のいてしまいました。入試のこの時期、アクセス数が大幅に上がっていましたので、何かupdateしようと思って書くことにします。

2016年4月入学の1年生は、最高26歳が2名います。前年(2015年入学者)は最高29歳が2名でした。最高齢が年々低下しているのは気になりますが、3浪以上の人は10人強いますので入学者平均的には前年とほぼ変わらずでしょうか。

昨年、今年と、家庭教師として生徒さんをサポートする傍らで医学部受験を見ていますが、最近の入試はかなり過熱していると思います。5年位前まで、入試問題は基礎的な内容が殆どで、基礎~標準レベルの問題を失点せず着実に得点することで合格ラインに達したと思います。ところが最近は基礎的な問題が少なく、かなり本質的な思考力を問われる問題、いわゆる初見の入試問題が多くなってきたと思います。今までのように、予備校で暗記中心の詰め込み受験対策をして偏差値60-65程度まで到達したら、どこかしら合格するだろう、という見込みは消失していると思います。マーク式の試験で「記憶力の勝負」というよりは、記述式の試験で自分の「思考のプロセスを(途中まででもたどって)他人に明快に説明できる」人が強いのだと思います。入学後は地道な暗記メインなんですけどね…暗記だけ力に任せて「知らないこと、見たことないものは解けない」と諦めてしまう学生はほしくないのかなと個人的には思っています。

※私の所属する○○大学は、今次(2017年度入試)、志願者数が減少したのですが、これは医学部専門予備校内で「○○は補欠が回らないから」と受験に消極的だという話を耳にしました。他校と比べて補欠が回るかどうかは分かりませんが、入学者は補欠合格の人が多いですからね、前向きに受験してほしいものです…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。