So-net無料ブログ作成

2年生夏学期は難所

私の大学では、2年生の夏学期が難所と言われています。
とにかくカリキュラムが緻密で忙しいのです…毎日、講義と実習が入ってててんてこ舞いです。そのうえ実習試験が1週間に1,2回入るので自由な時間がほとんどない…。

私の場合は朝6時半に家を出て、家に帰るのは平均19時半くらいでしょうか…会社員だったときよりも忙しいです。そのうえ家庭教師を2件受けているのもあり、日々出席するだけで精いっぱいです。自分の勉強は後回しにしているので、勉強を挽回するために夏休みは大変なことになりそうです…。

だんだんクラスメイトの中には疲れた表情を見せる人がいます。体調を崩す人もいます。体調を崩しても、「実習を休むと大幅に減点される」という噂(?)のために無理して大学に来る人もいて、それで周りの人に風邪がうつり…今、クラス内でインフルエンザの人が複数います。体調悪いときは休もうよ、本当に。笑 と私は思いますが、考え方は人それぞれですので他人のことあまり言わないほうがいいと思っています。

覚えることがあまりにも多くて、ときどき、この短時間にこれだけの量を覚えるのは、人間の限界量を超えてるのではないかと思うこともあります…そして、毎回のテスト結果が開示されるにつれ、勉強する人と手を抜く人の差はどんどん開いていることを実感するので、なるべく皆さんの前を走れるように努力しています。私は幸いにも妻がいますので、一人暮らしのクラスメイトよりは家事負担が軽いですし、本当に忙しいこと妻は理解してくれていますので、休日に図書館にこもりきりで子どもと遊びに行けない週が続いていますが、それも仕方ないものと許容してくれます。

私は医学が好きで、純粋に学問として興味を持って学んでいます。医学は、ヒトの約10万年の歴史の中で進化し勝ち残った我々の体の、「最適化の集大成」だと考えています。私は以前の大学では主に数理計画法など最適化全般を学んでいました。ヒトの体の仕組みは本当に不思議で、ミクロレベルでの最適化、マクロレベルでの最適化、それぞれ本当に学べば学ぶほど不思議で美しくて、まさに神の仕業かと思うほど壮大で神秘的で…なんて考えながら講義を聴いています。人体発生学には特に興味を持っていて、消化管がねじれたり、もともと胸びれだったものがねじれて前肢になったり…とものすごく神秘的です。純粋に学問を精いっぱいに学ぶことのできる環境1つ1つに感謝して、引き続き頑張って行きます。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校