So-net無料ブログ作成
検索選択

悲しいニュース

今朝、3歳の男の子が20歳の男(母親の彼氏、195センチ120キロの大男)に虐待されて死亡したというニュースを見て今日は一日中悲しくて憂うつになりました。

ニュースではセンセーショナルに、「かかと落とし」とか「ママ苦しいの…」という文字が出ていました。悲しくて胸に突き刺さるほど悲痛な思いでした。本当にかわいそうで…頭蓋骨にひびが入り頭蓋内で出血して、地獄の苦痛だったと思うと涙が出てきました。子どもを持つ親として、本当にかわいそうで悲しくて…誰も助けてあげられなくて…この年の男の子にとっては、ママが世界のすべてなのです。ママは最強の味方であり必ず力になってくれるのです。ママ助けて…ママが大好きなの…礼人(あやと)くんの悲痛な思いは、周りの大人に届かずに亡くなってしまったのです。周りの大人も、私自身も、助けることができなくて本当に申し訳ない。自分が将来小児科医になったときに、礼人くんのようなかわいそうな子どもをどのように助けることができるか思いを巡らせました。礼人くんの死に対するこの今の気持ちを、ずっと胸に銘記しておきます。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

入試の時期

私立医学部の入試が始まりましたね。
私の大学でも1次試験、2次試験の日は大学が休校になります。授業や実習も一段落しており、いわゆる試験休み中です。大学にはのんびりとした空気が流れています。来週からの冬学期試験を終えれば晴れて3年生に(おそらく)進級できると思います。

私自身も比較的落ち着いています。子どもに朝、「今日はパパと9時に保育園に行こう。」と言うと子どもはいつもより家に長く居れるので喜びます。夕方、早くお迎えに行くとさらに喜びます。笑 朝洗濯物を干したり、食器を洗ったり掃除機をかけたりできます。1限必修のときは朝6時半に出ていく日々だったので、今のうちにできることはやろうと思っています。医学部のスケジュール、本当に殺人的な日々もありますし、まあそもそもこの年で学生やってる身分ですので…妻の理解は大切です。

私立医学部の入試は今年も激戦のようです。クラスメイトの友達にはまだ合格を勝ち得てない人もいるようで、どきどきしながら見守っている人もいます。私も家庭教師先の生徒さんの合格を祈っています。その生徒さんも、また医学部のクラスメイトの多くにも共通するのですが、(ある程度、というかかなり)裕福なご家庭で育ち、落ち着いてて余裕がある人柄は、将来、患者さんに安心感を与えるような、優しく穏やかな医師になる要素だと思います。

しかしながら入試は競争ですから、多数の人に勝つためには勝負根性が必要です。そして、例年なら合格水準にある人が、今の医学部の志願者の多さのために当落線上での実力が拮抗し、当日のちょっとしたできぐあいに左右されて不合格になることがあるのは残念だと思います。1年勉強しても、2年勉強しても、バッターボックスに立つのは入試当日だけです。1年間数学を勉強していても本番は60分少々、この60分のために勉強しているのです。受験生の皆さんには、悔いの残らないよう全力で、最後の最後の1分でも頑張って考えて、実力を出し切ってほしいと思っています。

私は家庭教師先の生徒さんが2名いますので、今年は1つずつ、大宰府天満宮にFAXで注文した合格お守りを渡しました。最後の最後は、神頼みです。笑
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

シケタイ制度

さて、落ち着いてきたのでまた学生生活の話を。

私の大学にはシケタイ(試験対策)制度があります。科目毎に担当がついて、試験前に資料(まとめプリント、過去問の解答例など)を作成します。講義をサボってしまった人も、理解が追いついていない人も、資料を読み込んで試験前に勉強すれば最短距離で合格できることを企図した資料です。学生の目線で書かれているので特にポイントが分かり易い、参考書のようなものと言えます。

これにはクラスの全員が実費(印刷費とか)を払って制度に参加していますが、資料を作るのは皆嫌がります。それが、私はびっくりしたのですが、試験対策資料を作成した人は謝礼がもらえるのです!(時給換算すると数百円でしょう。高額なものではないのですが。)

私が東大の駒場キャンパスにいたときにもシケタイ制度はありましたが、謝礼はありませんでした。クラスごとに全員からアンケートをとって、担当したい科目を希望しました。クラスに1人、2人、数学マニアや物理マニア、フランス語の達人がいて、彼らは担当の科目を一生懸命に勉強してそれを資料にしてくれるのです。分かり易いプリントはクラスの皆を救いますし、作った人は感謝され名が上がりますので競って分かり易いプリントを作るようにしていました。学問の道を一生懸命に究めようとする学生がいて、前向きな姿勢を持って取り組んでいたと思います。

私の大学では、「シケタイ制度には賛成。だけど自分が骨を折って作るのは嫌。」という暗黙の雰囲気で、クラスリーダーは各科目の担当を決めるのに毎回苦労しています。まあ、あと、お金が絡むとどうしても…「お金払ってるのにこの資料は何だ、ちゃんとやれよ」みたいなことを言う人もいるかもしれません。私は頼まれたら受けるようにしています。謝礼を用意して「クオンツさんぜひお願いします」とクラスの代表から依頼されると嫌な気はしないですよね。嬉しくて名誉なことと思います。シケタイ作成は自分の勉強にもなってお金までもらえる良いことなんですけどね、クラスの皆も、損な仕事だと思わず前向きに捉えてシケタイ作成を受けてくれると良いのですが。人のためでもありますが、人のためをテコにして、自分の力を実力以上に引き出すことができます。これは何より自分のためになりますからね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

2015年入学の再受験生に関して

あけましておめでとうございます。

小さなブログながら今年も静かに、私が感じたこと、思ったことを綴って行こうと思います。
バタバタしていてなかなか更新できないときもありますが、最近はコンスタントに200PV~あること嬉しく思っていますし、30代の医学部再受験に興味があるかたが多いのだろうと思いますので…今年はもう少し、更新の頻度を上げようと思っています。(そのぶん、文章が短くなるかもしれません)

さてタイトルの通りですが、現1年生の最高齢は入学時29歳の人が2人、+4~の人は今のところ9人(前記の2名含む)確認しました。+4~の人数は、2014年入学者と変わらないようですが、30代の入学者がゼロというのは少し気になります。30代の志願者がいなかったのか、合格者がいたけど辞退してしまったのか、そのあたりは分かりませんが、最年長が入学時29歳というのは事実のようです。

今年はお正月休みが短いですよね、冬休みに入ってからゆったりと緊張感のない生活に慣れてしまって…明日からまた大学が始まる現実が信じられません。笑 元日が金曜なんて…銀行員だったときはなんて不運な年だろうと思ったものでしょう。今も、不運だなあと思っています。笑
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。