So-net無料ブログ作成
検索選択

新3年生の春休み

昨日、今日は国立大学の2次試験でしたね。

17年前の今日、私は東大の本郷キャンパスで緊張しながら受験しました。ベルが鳴り、数学の試験問題を開けた瞬間…sin(A+B)=sinAcosB+cosAsinBを証明せよ、とあったのでびっくりした記憶があります。

当時の私は兵庫県に住んでいました。年に1回の入試のために、新幹線を予約し、ホテルをとって、お弁当を買って、寒い季節に緊張しながら受験に行ったことを覚えています。当日の朝、丸ノ内線が途中で止まってドキドキしました。思えばあのころの努力は「心臓破りの坂」だと思います。人生にはいくつか重要なポイントがあり、そのポイントを乗り越えてこそ、将来の途が拓けるものと思います。

さて今は冬学期の試験も無事に終わり、春休みに入っています。
私の大学では、試験期間の最後に総合試験がありました。CBT形式で、1年、2年の全範囲から出題されるのです。総合試験の前に、あいまいなところや、忘れかけていたところを一通り復習することができました。

基礎医学の勉強を通してよく思うのは、機序を理解しておくと忘れない、また、どうしても覚えなくてはいけない知識の羅列は、ゴロ合わせで覚えておくと忘れないということです。医学部の勉強は暗記が多いですが、理解すると色々な知識が繋がり忘れにくくなります。教員は学生が理解しやすいように、実習や講義の内容を親和性成熟しています。その意味で、医学部のカリキュラムは非常によく練られていますし、親切な教員がたくさんいますので、疑問に思ったことはどんどん質問に行くと良いと思います。頭が良すぎる人(特に数学や物理が圧倒的に得意な人)の中には、コツコツ暗記型の勉強が苦手な人がいて、医学部での勉強に苦戦することがあります。医学部での勉強は基本的にコツコツと努力を積み重ねるものであり、60点すれすれで受かった!良かった!と思ってあやふやにしておくと翌学期の次の科目で足を引っ張られます。人の命を預かる仕事ですから、入学してからも一生懸命に常に努力する姿勢が求められています。

総合試験が終わったあと、多くの人が落とした科目について、解答解説や、重要ポイント集を作って、再試験の援護射撃をしていました。4月には、クラスの全員が無事に進級することを祈っています。
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。