So-net無料ブログ作成

来月から4年生です

さて私ごとながら、無事に4年生への進級が決まりました。医学部に入学してから大学生活の半分が終わり、折り返し地点に来ました。私たちの学年は留年者が例年より少なく、今のところ比較的順調です。このまま国試まで皆で頑張って行ければいいなあ…可能なら2020年に国試合格率100%?笑 と思っています。

さて全国の医学部では新しいカリキュラムが導入されており、大学病院での臨床実習の期間を伸ばすために、臨床実習に出る前の基礎医学科目の履修が前倒しになっています。私の大学でも1~2年生の基礎医学科目が3か月前倒しにされ、タイトになっています。今年の1年生は新カリキュラムになったこともあるのでしょうか、留年者が例年より多かったことを残念に思っています。新カリキュラム導入にはもちろん大学側の意図があります。仮に以前のカリキュラムのままだと…私の所属する○○大学は全国の医学部で唯一、国際基準の新カリキュラムを満たせず「米国留学できない唯一の医学部」になるわけにはいかないですからね…。

4年生ではCBT(今までの基礎医学全分野の試験)を受験して、医学部5年生からは臨床実習が始まります。医学部生が、student doctorとして大学病院で教授他医局のドクターから指導を受けます。医師の世界は、学生の時分から人が人を諭し教える仕組みが備わっています。医学部卒業後も、指導した、してもらったという歴史とそのときに培った人間関係がずっと続いて行くので、医師の世界は人と人との繋がりがとても強固だと思います。もともと狭い世界ですし、人間関係は強固で…1人1人が専門家でありその専門分野にお互いに敬意を払いながら協力して患者さんに向かっていくという姿勢を持っていると思います。

春休みに私は、今まで1年生~3年生の勉強の復習をしていました。テスト前に急いで頭に詰め込んだ知識はすぐに忘れてしまうので、今の時間のあるうちに内科の厚い本や、心電図の見方とか、画像などよく出るポイント以外の周辺知識を読みこんで理解することが大事だと思います。覚えることも多くて忘れることも多くて、もうまた覚えたのに忘れて出てこない、ゴロ合わせ自体を忘れてしまうこともよくあって…ああまた…と思いながらも頑張っています。

今春医学部に合格したかたはおめでとうございます。受験が終わり、しばらく新生活に慣れるために勉強は後回しでいいかな…なんて思ってると取り返しのつかないことになりますので、新1年生は毎日、少しでも勉強する習慣を作っておくのが良いと思います。1日2時間でも勉強すると、3か月後には大きな差になります。継続は力なり、ですよね。それに加えて、暗記を重視すること=これは何?と聞かれたときにすぐに答えられるような知識を身に着けることも大切です。医学部の勉強は、知ってるか知らないかで評価されます。理解しておくと、長期記憶をたぐりよせて思い出す一助となります。また他人に説明する際に「これは○○です。」とキーワードだけ言うよりも、周辺知識を少し知っておくとより分かり易く説明できると思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

家庭教師の生徒さんを募集しています

私を家庭教師として採用して頂けるご家庭を募集します。
お話しだけでも伺いますのでお気軽にご連絡くだされば必ず返信します。
お問い合わせの際は、生徒さんの学年、希望科目、ご自宅の最寄り駅を明記ください。
quant_med@cap.ocn.ne.jp
(決まりましたらこの記事は削除します。なるべくお早めに。)

・指導可能科目
①[数学]、[英語]、[物理]、[化学]
…新課程、旧課程、旧々課程すべての範囲を指導可能です。
②[医学準備科目]、[基礎医学科目]、[臨床医学科目]、[共用試験(CBT)対策]
…医学部新1,2、3年生の学生さんに対して、勉強のペースメーカーとなることが可能です。

・報酬
過去平均的に頂戴している報酬として、時給6,000円程度が目安となります。

・自分の性格
人として十分に成熟しており、落ち着いています。
子どもが好きで、将来は小児科医を志しています。

・指導のしかた
(1)基礎を大切にします。医学部入試問題を例にとると、A(基本問題)、B(易しめの標準問題)、C(やや難しめの標準問題=合否を分ける問題)、D(ほとんど解けない問題)の4種類に分けることができます。合格するにはABを取りこぼさずに正解し、Cをできる限り善戦することが大事です。A、Bの問題を取りこぼすとそのビハインドを取り戻すためには代わりにC、Dを正解しなければならなくなります。基礎を確固たるものにすると模試の点数が安定し、解ける問題が広がることで成績が徐々に上がって行きます。
(2)私は「なぜ?」と質問をよく投げかけます。生徒さんの返答により分かったふりを見抜きます。人に説明できるよう自身の頭の中で考え再構築するプロセスは非常に大切ですし、記述式試験でもそうですが人に説明できるようにできてこそ真の学力だと考えています。
(3)生徒さんに説明して生徒さんが分からないときは、毎回別の切り口で説明を行います。問題と生徒さんの学力にギャップがあり、現時点での理解が難しい場合は、そこで完璧に理解させるような深追いはせず、あと回しにして生徒さんの学力向上を待ちます。
(4)解法のテクニックは私も色々と持ち合わせていますが、テクニックを重視せず基礎から地道な理解を身に着けていく学習法を提案します。このため、私を家庭教師として採用していただいても生徒さんの成績が急にジャンプすることは期待しないでください。継続的に勉強を進めていくと確実に、徐々に上がって行きます。
(5)生徒さんの質問に対して、解答に時間を要するときは、その場で解答せず私の宿題として持ち帰ります。

・予備校講師との違い
予備校講師は1科目のみの指導ですが、私は全科目の指導が可能です。このため、生徒さんの入試科目全ての実力を的確に把握し、現在の学力とその伸びしろに応じた勉強時間の配分を提案することが可能です。

・学生家庭教師との違い
私は一般的な医学部生よりも総合的な学力が高く、学問に対する理解度に深みがあります。実際に合格実績を持ち、かつ現に合格水準にある医学生が御自宅に伺うことで、生徒さんは実際に合格水準にある学生の実力レベルを肌に感じることができます。同時に、私が医学部での生活やできごとをお話しすることで、生徒さんは医学にさらに興味を持ち、勉強を進める励みになると思います。

・自己PR
私は30代後半です。妻と6歳の子どもがいます。東大卒業後メガバンクに就職し、社会人として活躍しながら医学部に再入学しました。合格したあとに会社を退職し今に至ります。

会社勤めの当時に受験した2013年11月の全統医進模試では偏差値72.3、全国87位でした。(添付の写真をご参照ください)

所属する医学部では、1年次2年次とも成績は最上位であり、2年間続けて特待生に選定され授業料減免を受けています。本学医学部を代表する学生として、学業成績だけでなく、人物面も大学側から高く評価されています。
1463881_564658863603869_1611053235_n.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

子どもの卒園式

先日、子どもの保育園の卒園式に出席しました。
子どもは1才のときのりす組から、ひよこ組→くま組→きりん組→ぞう組ときて今月で卒園です。
入園した当時は、私は会社員でしたのでビジネススーツで、妻と協力して保育園の送り迎えをしていました。3年前からは大学生になったためスーツを着ることもなくなり、夏休みには短パンTシャツで(しかもかなり早い時間に…)子どもを迎えに行っていたので、保育園の他の親御さんからは「このお父さんは本当に昼間の仕事しているのだろうか?」と思われてたかもしれません。笑

卒園式では、1人1人が園長先生から保育証書を戴いて、みんなの前で「大きくなったら○○になりたいです!」という場面がありました。女の子はパティシエやケーキ屋さん、キャビンアテンダント…男の子はサッカー選手やパイロットなど、子どもらしいですね。夢は大きくていいですよね…可能性は無限大です。さて、うちの子はなんと「大きくなったら"Youtuber"になりたいです!」と言いました。私は事前に聞いてたのですが、周りの親御さんはびっくりしていて。保育園では今まで初めてだったのでピンとこない人も居たようです。Youtuberは小学生が将来なりたい職業として人気が高いようですね。

「大きくなったら○○になりたい」というメッセージは、1人1人の子どもの価値観をズバリ表現する非常に興味深いものだと思いました。私自身、Youtuberは素晴らしい仕事だと思っています。人が人を楽しませるコンテンツを創ることは、機械やコンピューターでできないことです。またYoutubeの世界は完全な実力主義で、視聴数、チャンネル登録者数が実力です。その人の経歴学歴職歴家系人脈コネツテ推薦公認などバックグラウンドや何や一切関係ない世界です。PCとカメラがあれば誰にでもチャンスは平等にあります。このような点で私はYoutubeの世界を肯定的に見ています。皆が皆、精いっぱいに競ってどんどん面白いコンテンツを創っていく、視聴者も楽しめますし、Youtuberも収入に結び付きます。ある意味、理想的な世界だと思っています。現実の社会では、実力が客観的に評価される場面は、ほとんど無いのではないと思います…せいぜいセンター試験や大学入試まででしょうか。大事な場面で結局、主観的な「人の好き嫌い」で決するという印象を強く持っています…。

子どもは保育園のお友だち皆と同じ小学校に行くことで、とても嬉しそうにしています。新しい机、ランドセル、筆箱も買いました。おなまえシールは妻が注文して昨晩届いていました。入学式までに、持ち物すべてに貼るのです。笑 私はあと3年は大学生なので東京に居ますが、その後はなるべく子どもに転校させたくないなぁ…と思っています。転校は見知らぬ社会に、もうコミュニティができているクラスに1人で入っていくため、子どもにとって大きなストレスになります。だから親として避けてあげたいと思います。今のお友だちとずっと大切につきあってほしいですし、大人になって家に帰ってきたとき、近くに昔からのお友だちがいてほしいと思います。

私は銀行員としてメガバンクに入社し、当時は海外に行きたいです!英語勉強してます!とアピールしていました。実際に私の同期は多くの人が海外で働いています。先進国で働いている人は少なく、ビジネス拡大が見込まれる、中国、韓国、インド、シンガポール…などです。子どもは何回も転校し、もう日本語より中国語のほうが上手いというご家庭もあります。メガバンクの行員は収入は良いですが、ずっと東京で暮らしていけるわけではないですからね、中国に行ってもう3,4年帰ってこれないとか…こういうことまで若い頃には考えてませんでした。高収入でも、家族が別居したり、家族で転々と引っ越しする働き方は、私はまったく意味がないと考えています。お金より何より大切なこと、それは家族が毎日一緒に暮らすことだと考えています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校